Posted on and Updated on

エアコンはどうすれば良い?運ぶのと新規購入のどっちが安い?

 

以前の住居で使用していたエアコンが、まだ使用可能であれば、そのまま運搬して、使用を継続する方法を選択する方が多くなっております。

 

取り外しと取り付けはエアコン設置の専門業者が行い、輸送は運送業者が行いますが、一般的には段取りなど全て引越し業者に一任します。

ただ、エアコンを新しい家屋に移動する場合は、気をつけるべき点があります。

 

先ず第一点目に、パイプ交換が必要になるケースがあるという点です。

 

それまでに使用していた期間が短い場合、なぜ交換が必要になるのか、理解しづらい人も多いですが、交換することには理由があります。

 

古くなったから交換するという訳ではありません。

もちろん、全く使用していない状態の新品のパイプは、言うまでもなく交換する必要がありません。

 

しかし、少しでも使用していたパイプというのは、パイプ内をフロンガスなどが通過することで、結露します。

 

パイプは銅の筒になっていて、使用していくうちに劣化し、そのままパイプを継続して使用すると、正常に機械が動作しなくなることがあります。

 

 

設置後の交換作業には手間がかかるため、取り付けを行う際に、交換作業も同時に済ませることになっているのです。

 

また、どのような場合に、追加料金が発生するのか、事前に確認しておかないと、工事の現場でトラブルになります。

 

「追加料金が必要になる工事目安について」

  • 屋根上など2階への新規設置(10000円~)
  • パイプ管延長(1mあたり3000円~)
  • 壁穴開け作業(1か所あたり3000円~)
  • 壁穴が鉄筋コンクリートの場合(10000円~)
  • 化粧カバー取り付け(1mあたり1500円~)
  • ブレーカー増設(10000円~)
  • アース取り付け(1mあたり500円~)

※パイプ管は上記の配管の料金となり、化粧カバーは取り付けることで配管を長持ちさせたり、建物の見た目を良くするメリットがあります。

 

通常の工事で取り付けが完了する場合は、最初の契約で定められていた料金以上に支払う必要はありません。

 

しかし、取り外したり取り付けたりする際に、本体の外側からは見えなかった部品の破損があったりします。

(特に、取り外しと設置業者が異なる場合には、設置時での作業工程時にトラブルが多い。)

 

内部の部品が破損していると、そのまま設置することができず、業者にとって手間がかかるため、追加の料金が請求されます。

 

また、エアコン業者の料金設定は2通りで、

 

  • 基本料金を安く設定し、追加料金が発生するケース
  • 全てコミコミの設置料金で3万円程度のケース

 

となり、どちらが得なのかは見積もりを取るしかありません。依頼する引越し業者でも大体の相場は分かります。

もしもエアコンの引っ越しや移設相場を調べる際は、こちらの計算機をお使い下さい。

エアコンの引越し料金はいくら?

色々な家具や家電単体の引越し相場が都道府県ごとにオンラインで分かるので面白いです。

 

もし、年式(エアコンの寿命は10年)など新規設置がお得だと判断できる場合は、無理に運ばずに引越し先で新たに新品を設置する(設置料込みで8万円~10万円程度)方法も視野に入れて下さい。